レッドビーシュリンプ 水換え|定期的な水換えのすすめ!硝酸塩を放置しない

レッドビーシュリンプの水を抜く

元ブリーダーのurushiです。

レッドビーシュリンプの飼育スタイルは人それぞれで、試行錯誤が楽しいですよね。

レッドビーシュリンプの水は、『湧水が良い!』『水作りはこうだ!』『コントレックスを混ぜよう!』と色んな方法があって、その中で自分のスタイルを作り上げていく楽しみがあります。

urushi
コントレックス流行りましたよね、昔!知ってます?(笑)

この記事では「レッドビーシュリンプ 水換え|定期的な水換えのすすめ!硝酸塩を放置しない」について書いていきます。

レッドビーシュリンプの水換えがなぜ必要なのか?どうやって交換するのか?について詳しくご紹介します。

レッドビーシュリンプの足し水派と水換え派

レッドビーシュリンプの水については、よく『足し水派』と『水換え派』と言われて二分されていました。

レッドビーシュリンプ飼育スタイル

  • 足し水派…蒸発した分に対して新しい水を追加する
  • 水換え派…古い水を抜いて新しい水を追加する

レッドビーシュリンプの水換え

足し水派は定期的な水換えをするのではなく、減った分を追加するという飼育スタイルです。

水換え派、他の観賞魚などの飼育と同じく、飼育水を定期的に入れ替えるという飼育スタイルです。

urushi
ブリーダーの時は足し水派でした。

urushiはブリーダーをしている時は足し水派でした。

でも詳しく解説すると、ブリーダーの時は1~2週間に1回の割合で出荷していたり、頻繁に選別して他の水槽にレッドビーシュリンプを移動したりといった作業がありました。

出荷やレッドビーシュリンプの移動をすると、必然的に水槽の水が減るんです。水が減るから新しい水を追加する。もちろん、蒸発する分もありますが、蒸発以上に水槽の水のロスが発生しています。

ブリーダーの時は水換えをしなくて、足し水だけでも実際は水換えしているのと同等の状態になっていました。

ポイント

ブリーダーの時は足し水だけでも、水換えしているのと同じ状態だった

urushi
ブリーダーを止めた今は、定期的にレッドビーシュリンプ水槽の水換えをしています

 

レッドビーシュリンプにとって水換えはメリット

ブリーダーさんとまではいかなくても、月に数回オークションでレッドビーシュリンプを販売していたり、水槽が5つ以上あってレッドビーシュリンプの移動が割と頻繁にあるとすると、水槽の水のロスは多いと思います。

でも逆に、レッドビーシュリンプを少ない水槽でじっくりと飼育している場合、水槽の水は蒸発分しか減りません

一般的なレッドビーシュリンプ愛好家の場合は、水槽の水が蒸発でしか減らない場合方が多いと思います。

レッドビーシュリンプの水槽の水が、ほとんど蒸発でしか減らない場合は、定期的な水換えはメリットがたくさんあります。

urushi
むしろ水換えはメリットしかないと言えます!

水換えのメリット

  • 硝酸塩の値を下げることができる
  • 不純物濃度を下げることができる
  • レッドビーシュリンプの状態が良くなる
  • レッドビーシュリンプの色揚げ
  • レッドビーシュリンプの繁殖促進

水換えすることで硝酸塩の値を下げることができます。

硝酸塩はアンモニア由来の分解物で、基本的には毒性が低いのですが高濃度になることで毒性は高まっていきます。詳しくは別途専用記事があるので、参考にしてみてください。

レッドビーシュリンプ飼育で硝酸塩(NO3)が怖い理由|免疫とウイルス

現Lot.のアマゾニアソイルノーマルの溶出物チェック
レッドビーシュリンプ飼育で硝酸塩(NO3)が怖い理由|免疫とウイルス

続きを見る

水換えで不純物濃度を下げることができます。

不純物といっても下げる目的はBOD濃度です。

BOD濃度は、水の汚れ具合の1つの指標で、有機物が多い水は微生物の分解作業が活発化します。それを利用し、微生物が分解時に消費する酸素の量を測定することで、水の有機物での汚れ具合を測定できる仕組みです。

urushi
BODは有機物でどれだけ水が汚れてるか?という指標です。

レッドビーシュリンプ水槽の水は、飼育期間が長くなればなるほど糞や餌などの分解物が溜まり、高BOD化するので水換えでその値を下げます。

水換えを行うことで、レッドビーシュリンプにとって水槽内の環境が改善されるので、状態が良くなったり・発色が良くなり色揚げ効果があったり・繁殖が上手くいったりといったメリットがあります。

ポイント

レッドビーシュリンプの原種は緩やかな流れのある場所に住んでいるので、水は絶えず少しずつ入れ替わっています。

urushi
本来住んでいた環境に近づけば、レッドビーシュリンプも元気になります。

 

定期的な水換えで水質の急変を防ぐ

レッドビーシュリンプの水換えで一番大切なポイントが、定期的に少量の水換えを行うことです。

urushi
定期的に少量の水を交換します。

レッドビーシュリンプの調子が悪くなってから、水換えをやろうとすれば、おのずと交換する水の量が多くなります。

例えば硝酸塩が高くなりすぎたので水換えをしようとした場合、硝酸塩の濃度を危険性がないくらい下げようとするなら、かなりの量を水槽から抜き取って新しい水を追加する必要があります。

水換えの水量が増えれば増えるほど、レッドビーシュリンプにとっては対応できないほどの環境の変化が起こることを忘れてはいけません。

新しい水が大量に水槽に入るということは、レッドビーシュリンプを真新しい水槽に移し替えるのと同じくらいリスクがあることです。

urushi
弱っているところに環境の激変では、死んでしまうリスクも上がります。

レッドビーシュリンプが調子を崩す前に、定期的に少量の水を換えてあげることで好調を維持してあげます。

 

レッドビーシュリンプの水換え方法

urushiのレッドビーシュリンプの水換えの方法は、1~2週間に1回の頻度で水槽の水の10~15分の1を交換します。

稚エビが生まれたばかりの場合は、その週の水換えは中止します。

水換えのurushiルール

  1. 毎週1回:水槽の10~15分の1の水を換える
  2. 稚エビが生まれたばかりなら、水換えを1週とばす
urushi
大きなルールは上記の2つだけです。

step
1
新しい水を作る

マーフィードの浄水器を通してカルキ抜きした水をペットボトルに入れます。その時に水槽の温度と併せます。

カルキ抜き剤などの薬品は使いません。

ビーシュリンプにおすすめの浄水器

ビーシュリンプにおすすめの浄水器
ビーシュリンプにおすすめの浄水器

続きを見る

ペットボトルの水へアラガミルクバイオカルチャー SMWテトラバイタルを添加してTDS値を整えます。

テトラバイタルは規定量の1/3程度です。

レッドビーシュリンプの数値目標|TDSの値を正しく知ろう
レッドビーシュリンプ水質|TDS/pH/GH/硝酸塩/亜硝酸/アンモニアの数値目標

続きを見る

urushi
まずは、交換する新しい水を準備しておきます。

step
2
水槽の水を抜く

水槽サイズにもよりますが、水槽の中の水を抜きます。

プロホースを使ってバケツに水槽の水を10分の1程度抜きます。

レッドビーシュリンプの水を抜く

urushi
稚エビに気を付けながら水槽内の水を抜きます。

step
2
ペットボトルの水を水槽に入れる

ペットボトルの水を水槽に、ソイルが舞わないよう少しずつ入れます。

エアチューブなどを使って入れる方法もありますが、水換えの量が全体の10%程度なのでドボドボ入れています。

urushi
TDS値と温度だけ合わせています。

毎週の少量の水換えなので、大きな水質の変化もなく水換えによってレッドビーシュリンプが調子を崩したことはありません。

水を入れる

 

レッドビーシュリンプ 水換え|定期的な水換えのすすめ!硝酸塩を放置しない まとめ

この記事では「レッドビーシュリンプ 水換え|定期的な水換えのすすめ!硝酸塩を放置しない」について書きました。

レッドビーシュリンプの水換えは、出荷や選別などで頻繁に水槽の水が減らない飼育スタイルの場合はメリットが多いです。

もちろん、餌の量や飼育匹数などに左右されますが、生き物を水槽内で飼っている限り毎日少しずつ飼育水は汚れています

レッドビーシュリンプの水槽の水を換えることでのデメリットよりも、環境的にメリットが多いことを知ってほしいです。

ただし、レッドビーシュリンプの状態が悪くなってからの大量の換水はNGです。

定期的に少量の水換えをして、レッドビーシュリンプにとって水質変化の振れ幅を小さくしてあげることが重要です。

最強のカルシウム剤|アラガミルクの使用方法と注意点
レッドビーシュリンプ最強のカルシウム剤|アラガミルクの使用方法と注意点

続きを見る

レッドビーシュリンプの 添加剤について知りたい
レッドビーシュリンプのためのミネラル添加剤の注意点とコツ

続きを見る

レッドビーシュリンプの数値目標|TDSの値を正しく知ろう
レッドビーシュリンプ水質|TDS/pH/GH/硝酸塩/亜硝酸/アンモニアの数値目標

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人

urushi

エビ歴11年目。(アクア歴:22年)。元兼業ブリーダー。本業ではラボで遺伝子組み換えの魚の研究者をしていました。 専門的なことも含めて、レッドビーシュリンプの飼育が楽しめる情報をお届けします!

-飼育/メンテナンス

Copyright© 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2020 All Rights Reserved.