ビーシュリンプにおすすめの浄水器

飼育用品

ビーシュリンプにおすすめの浄水器

ビーシュリンプの飼育を成功させる秘訣は、水と土にあります。

土というのはソイルのことです。

水は井戸水や、山で汲んできた水、水道水が主になると思います。

ビーシュリンプにとって上質な井戸水や湧水が近くにあれば、それを使うのが一番状態が上がります。水にこだわりがあるブリーダーや愛好家は、湧水を汲みを盛んにしていました。

水汲みは大変な作業なので、一番使いやすいのは水道水を浄水器に通してミネラル剤などを加えた水です。

カルキ抜き剤は安価で簡単なのですが、水に余計な薬品を投入することになるので、浄水器でカルキや不純物などを取り除き、ミネラルを添加するのがおすすめです。

この記事ではビーシュリンプの飼育に向いている浄水器をご紹介します。

浄水器の値段は質と量で決まっている

浄水器の値段は、浄水できる能力(質と量)によって決まります。

浄水の質というのは、純水(R.O.水)に近づけるほど、特殊なフィルターを使うので高価になります。量というのは、時間当たりに処理できる水の水量で、処理能力が大きいほど高価です。

 

ビーシュリンプ用の浄水器の選び方

浄水器は水槽の数や、住んでいる地域の水や水道管の状況で浄水器を選びます。

水道水と言っても飲み水としての一定の基準を満たしているだけで、一定の水質ではありません

水質悪化の可能性あり!

  •  浄水場から離れた地域に住んでいる
  • 家が古い
  • 集合住宅に住んでいる
  • 元の川の水質が悪い

 

 

例えばこんな場合、水質の悪化が見られます。浄水場から遠い地域に住んでいる場合、地下の水道管を長い距離流れてきます。水道管の劣化は目では見えませんし、長い距離を流れることで水質の変化も考えられます。

家が古い場合、家の水道管がサビている可能性があります。

集合住宅は構造で水の質が大きく変わります。マンションの上部にタンクがある作りのものは一軒家に比べると、水がフレッシュではありません。

元の川の水質が悪い場合や、気温が高い夏場などは細菌を抑えるために水道水に投入する塩素量が増えるので、ビーシュリンプにとっては居心地の良い水とは言えません。

水が原因でエビが増えなかった経験

urushiは4度ほど引lっ越ししましたが、どうがんばってもレッドビーシュリンプの状態が上がらなかったマンションに住んだ経験があります。そこで、純水に近い水を作れる浄水器を導入すると、レッドビーシュリンプが爆発的に殖えました。

urushi
どう頑張っても水が悪いと、ビーシュリンプは状態が上がりません。

浄水器|安価なカルキを除去するタイプ

残留塩素(カルキ)と、サビなど大きなゴミを取り除く浄水器でおすすめなのはマーフィード 観賞魚用浄水器 スタンダード・ネオです。

観賞魚用の浄水器の定番モデルで、ファイバーカーボンを使った活性炭フィルターとコットンフィルターで、塩素とコケやサビなどのゴミを取り除いてくれます。

フィルターの寿命も30トンほどと長く、替えのフィルターも安価でリーズナブルです。

水道水の水質に問題がなければ、スタンダード・ネオの浄水器で十分です。

使い方の一例

スタンダード・ネオを通した水を、スポンジフィルターやソイルだけが入った空の水槽(貯水用)に入れて、必要に応じてミネラルなどの添加剤を入れ数日間水を回して、こなれた水にしてからビーシュリンプに使います。

純水(R.O.水)に近づける、つまりTDSの値を下げる効果はないので、ミネラル剤の添加できる量は多くありません。

スタンダード・ネオの特徴

  • 残留塩素(カルキ)を除去する。
  • サビなど大きなゴミを取り除ける。
  • 純水にする作用はないので添加できるミネラルの量は少ない。
  • 安価
urushi
カッコいい赤いモデルもあります。

 

浄水器|硬度成分をある程度残すタイプ

マーフィード エキスパートフレッシュZ 150Gは、純水に近づける逆浸透膜フィルターと、残留塩素とサビや細菌を取り除くフィルターがセットになった浄水器です。

特徴は、水道水の中の残留塩素や重金属などを取り除きますが、カルシウムやマグネットといった硬度成分は半分ほど残すことです。これにより軟水の飼育水を生成することができます。

TDSの値は15~20ppmほどまで下がるので、ビーシュリンプには使う際には、ミネラル剤と微量元素剤などでTDSの値を上げてから使用します。

水の調整にはアクアテック ミネリッチアクアーレ 500mlカミハタ アラガミルク 480mlテトラ (Tetra) バイタル 500mlなどを使っています。

urushi
ミネラルたっぷりの飼育水を作ることができます。

アクアリウム用浄水器フレッシュZ

エキスパートフレッシュの特徴

  • 水道水の質が悪くても良い飼育水が作れる
  • ミネラル剤でTDS値を上げられる
  • 水の生成に時間がかかる
  • 加圧ポンプをつなげられる

水道水の条件が悪くても、逆浸透膜フィルターが付いているので微細な不純物を取り除き、シュリンプをはじめ水にうるさい観賞魚に適した飼育水を作ることができます。

残留塩素だけを取り除く、スタンダード・ネオに比べると水が出てくるのにとても時間がかかります。マンションなどで水圧が低いと、さらに水の生成に時間が必要です。

urushi
逆浸透膜フィルターは処理に時間がかかります。

エキスパートフレッシュは加圧ポンプをつなぐことができ、エキスパート用の加圧ポンプを使うと、かなり水の生成の時間を短縮できます

 

浄水器|シュリンプ専用R.O.タイプ

シュリンプブリーダーとマーフィードが共同開発したマーフィード エビ専用浄水器 シュリンプエキスパート75は、シュリンプ専用のR.O.浄水器です。

残留塩素や重金属類、細菌などの不純物を95%取り除き、エビのための純水(R.O.水)を作り出します

浄水器の下部分の働きは、マーフィードのスタンダード・ネオと同等です。シュリンプエキスパートは、さらに逆浸透膜フィルターであるマリンメンブレン75を搭載していて、このフィルターで純水に近い水の生成ができます。

シュリンプエキスパートの特徴

  • シュリンプを飼うためのR.O.浄水器
  • 純水に近いので、思い通りの飼育水が作れる
  • 水の生成に時間がかかる

純水に近い水を生成するので、フィルターを通して水が出てくるのにはエキスパートフレッシュ同様に時間がかかります。R.O.浄水器なので生成には時間がかかりますが、思い通りの飼育水を作ることができます

urushi
超有名ブリーダーさんのシュリンプ専用浄水器です。

下のフィルターで残留塩素だけ取り除いた水を使うこともできるので、必要に応じて純水と分けて使うことも可能です。

 

ビーシュリンプにおすすめの浄水器 まとめ

この記事では「ビーシュリンプにおすすめの浄水器」について書きました。

ビーシュリンプの飼育には浄水器の使用がおすすめです。カルキ抜き剤を使うと残留塩素は中和することができますが、飼育水に薬品を投入することになります。塩素だけでなく重金属類の中和後の物質も水中に残ることになります。

浄水器を使用すれば、塩素をはじめビーシュリンプに不要な物質を取り除くことができます。さらに、逆浸透膜フィルターを搭載した浄水器では、純水(R.O.水)が生成でき、アクアテック ミネリッチアクアーレ 500mlカミハタ アラガミルク 480mlテトラ (Tetra) バイタル 500mlなどを使って思い通りの飼育水を作ることができます。

どう頑張っても上手くいかなかったマンション(地域?)に住んでいて、浄水器を導入後に爆殖した経験は忘れられません。それだけ元の水は重要だという事だと思います。

urushi
引っ越しを何度もしたので、水の良し悪しが分かりました!

元の水道水の質に左右されることなく、ビーシュリンプの飼育ができる浄水器は本当に便利なアイテムです。シュリンプの飼育のステップアップに浄水器はおすすめです。

関連
レッドビーシュリンプの数値目標|TDSの値を正しく知ろう
レッドビーシュリンプの数値目標|TDSの値を正しく知ろう

続きを見る

関連
アクアリウム用浄水器フレッシュZ
本気でエビの水を学びたい人へ

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人

urushi

エビ歴11年目。(アクア歴:22年)。元兼業ブリーダー。本業ではラボで遺伝子組み換えの魚の研究者をしていました。 専門的なことも含めて、レッドビーシュリンプの飼育が楽しめる情報をお届けします!

-飼育用品

Copyright© 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2019 All Rights Reserved.