urushiのblog

【独り言】遺伝解析しちゃうと面白くないよ

シャドーシュリンプの遺伝

 

エビの遺伝って不思議ですねー。

シャドーも青地が強い子や白い子や(笑


同じ兄弟でもいろんな表現が生まれたり。
わたしは趣味でシャドーを楽しんでいますが、ブリーダーさん達は大変でしょうね!!
こうも遺伝学やら複雑になっていくと。。。

 

わたしは仕事柄、遺伝学的統御や遺伝子配列、生物学的構造なんかは詳しいですが、
趣味に持ち込むと疲れちゃうので、ボチボチエビの不思議と向き合っています。

PCRなんかかければ、遺伝子配列なんてバキってでるんだろうなー(笑
エビのトランスジェニックとか面白そう♪
でも改変個体になると管理が!!
想像したら面白いけど、現実的じゃないですね♪

どんな子が産まれてくるのかな―♪って考えるのが趣味の醍醐味ですね。

今日の独り言はちとマニアックですので、気にしないでください(笑

エビについて『作出方法』や『変異』なんかがクローズアップされてますけど、純粋にもっと楽しめたらなー。

科学的に解析できちゃう時代だけど、いろいろな談義が醸し出されてるのは興味深いです。

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人

urushi

エビ歴11年目。(アクア歴:22年)。元兼業ブリーダー。本業ではラボで遺伝子組み換えの魚の研究者をしていました。 専門的なことも含めて、レッドビーシュリンプの飼育が楽しめる情報をお届けします!

-urushiのblog
-

Copyright© 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2019 All Rights Reserved.