レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプとは

投稿日:2017-02-21 更新日:

◆レッドビーシュリンプって?

・熱帯魚屋さんやホームセンターのペットコーナーで水草の綺麗な水槽を見ていると、今まで見たことがない赤と白のストライプの小さな可愛いエビがいた。
・熱帯魚の本を見ていたら、表紙に赤と白の綺麗なエビの写真があった。

 

こんな経験はありますか?
私とレッドビ―シュリンプは、まさにこんな出会いでした。
水草のレイアウト水槽に入れれば、可愛いアクセントになると思い飼い始めたのがきっかけです。
そのエビこそが、レッドビーシュリンプです。

 

◆Date
・ヌマエビ科・カワリヌマエビ属のエビの一種。
・苔取りで有名なミナミヌマエビに近縁の淡水エビ。
・中国にいたエビが輸入され、赤エビに白い縞模様が入る個体を日本で作出固定したもの。
今では、多くのブリーダーさんが選別し改良を重ねて、いろいろなタイプ(赤と白の模様の事です)のレッドビーシュリンプがいます。

 

◆模様の種類
その模様から、大きく分けてバンド・タイガー・日の丸・進入禁止・モスラと呼ばれています。

Exif_JPEG_PICTURE

◇バンド
腹節部の赤い模様(頭と尾の間の赤いところ)が帯状になっている。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

◇タイガー
腹節部の赤い模様が、二股に分かれている。
トラの縞模様から、タイガーと呼ばれている。

 

 

 

 

 

 

日の丸

◇日の丸
腹節部の赤い模様が、腹まで届かず斑点状になっている。
真上から見ると日の丸に見えることから、こう呼ばれている。

 

 

 

 

 

 

進入禁止

◇進入禁止
腹節部の赤い模様が、腹まで届かず斑点状に白い線が入る。
進入禁止の看板に似ていることから、こう呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

モスラ

◇モスラ
腹節部の赤い模様が無く、白一色となる。
カイコの幼虫に結び付け、モスラと呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

◇丹頂
頭部分の白いマロの部分が広がり、頭頂部に赤い班点がある状態。
丹頂鶴の頭のようなので、こう呼ばれている。

 

 

 

 

 

その他にも、足の赤い個体を『赤足』、白い個体を『白足』と呼びます。
この足の色は、血統を作り上げていく時にも重要な要素となります。

 

 

また、黒と白のビーシュリンプもいます。
レッドビーシュリンプとは呼ばず、ビーシュリンプもしくは黒ビーと言われています。
レッドビーシュリンプは、黒い個体のから色素突然変異で生まれた個体です。
黒ビー

 

その他にも、タイガーシュリンプやシャドーシュリンプをビーと掛け合わせたハイブリッドも登場し、エビの世界の種類は年を増すごとに増えています。

ブラックシャドー2 レッドシャドー

 

容易に交雑することから、逆に1種血統を固定をしたり、もしくは多種と交雑させることで新たな種を作り出したりといった楽しみ方もあります。

ビーシュリンプもそうですが、観賞用のエビの最大の楽しみは繁殖です。
繁殖し、選別を行うことで、目的とする大きさ・フォルム・カラー・繁殖力などをトコトン突き詰めていきます。
エビのブリーダーさんは日々の自分の目的とするエビを探求し、その成果として美しいエビを作られています。

水温にもよりますが一生のサイクルが早いので、継代し進化させることが出来ます。

 

-レッドビーシュリンプ
-

Copyright© 漆えび論文 -レッドビーシュリンプ知識サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.