レッドビーシュリンプ|オスメスの見分け方

繁殖

ビーシュリンプ|オスメスの見分け方

レッドビーシュリンプを飼育する楽しみは、やっぱり繁殖させて殖やすことと言ってよいと思います。

レッドビーシュリンプの繁殖に失敗する理由!原因は1つじゃない!←この記事にも書いていますが、市場に出回るビーシュリンプはオスとメスで比率が違っていることが多いです。

水槽の中のビーシュリンプの雌雄のバランスを確認できるように、この記事ではオスとメスの見分け方をご紹介します。

ビーシュリンプのオスの見分け方

レッドビーシュリンプのオスの見分け方

ビーシュリンプのオスの特徴

  • 第一触覚(上部2本)がメスよりも長い
  • 頭部は平らで丸みが少ない
  • 腹部は細くスマート

ビーシュリンプのオスの体形は、メスと比べると全体的に細くスマートです。

ビーシュリンプは触角が6本あります。長い2本ではなく、前方に突き出した触角4本を第一触覚と呼びます。第一触覚の上に向かって生えている2本の触角がオスはメスよりも長いです。

ビーシュリンプのオスの腹部はスマートで、体高がメスよりも低いく、頭部もメスに比べると平らで丸みがありません。

また、メスが脱皮した際に起こる「抱卵の舞」で、腹部にある腹肢を動かして水槽内を活発に泳ぐのはオス(成熟した個体)です。

 

ビーシュリンプのメスの見分け方

レッドビーシュリンプのメスの見分け方

ビーシュリンプのメスの特徴

  • 第一触覚(上部2本)がオスよりも短い
  • 頭部は丸みを帯びて大きい
  • 腹部は高さがある

ビーシュリンプのメスの体型は、全体的に丸い印象を受けます。

第一触覚(上部)はオスよりもメスの方が短いです。

頭部には卵巣がある関係で成熟すると、大きく丸みを持ちます。メスは卵を腹部の腹肢で抱えるので、抱卵しやすいように腹部の高さもオスよりも高くなっています。

ちなみに、抱卵したことがあるメスに比べると、まだ抱卵をしたことがないメスは腹部の高さは低くなっています。

 

ビーシュリンプのオスとメスの比較

後ろのメスにピントが合っていますが、ビーシュリンプのオスとメスが並ぶと雌雄差がよく分かります。

レッドビーシュリンプのオスとメス

ビーシュリンプのオスとメスを見分けるには、オスとメスが水槽内に居て見比べるのが一番です。

最初はよく分からないかもしれませんが、よく観察していると見わけが付くようになってきます。

 

稚エビの時はオスメスの見分けがつかない

レッドビーシュリンプの稚エビ

レッドビーシュリンプのオスメスが見分けられるようになってくるのは、大体1.5㎝くらいになってからです。

1㎝未満の稚エビでは、オスの特徴もメスの特徴もまだ現れません。水槽内の水温にもよりますが、2~3ヶ月程度で見分けがつくくらい成長します。

 

ビーシュリンプ|オスメスの見分け方 まとめ

この記事では「ビーシュリンプ|オスメスの見分け方」について書きました。

ビーシュリンプのオスとメスを見分けるのは、慣れてくるとすぐに見分けられるようになってきますが、慣れないと難しく感じると思います。

オスとメスの特徴の現れ方には若干ですが、個体差も存在します。

『レッドビーシュリンプの繁殖』近親交配|血が濃くなるとは?血統と血の詰まりの記事に書いていますが、近親交配が長く続くと頭でっかちな丸いエビになってきます。そうなるとオスなのにメスっぽい個体になったりもします。これは、健全な個体ではないのですが、オークションで販売されているエビでは時々見られます。掛け戻しや血の分散をしていない愛好家も多いので。

水槽の中にビーシュリンプのオスとメスがいることが確認できれば、状態さえ良ければ何もしなくても抱卵し、稚エビが生まれてきます

稚エビが育たないトラブルもありますが、それはまた別の問題です。

ひとまず、水槽内のビーシュリンプのオスとメスの比率を確認してみましょう!

レッドビーシュリンプの稚エビとは?餌や育て方はどうすればいい?
レッドビーシュリンプの稚エビ|稚エビの餌や育て方について知ろう!

続きを見る

漆えび
レッドビーシュリンプの繁殖に失敗する理由!原因は1つじゃない!

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人

urushi

エビ歴11年目。(アクア歴:22年)。元兼業ブリーダー。本業ではラボで遺伝子組み換えの魚の研究者をしていました。 専門的なことも含めて、レッドビーシュリンプの飼育が楽しめる情報をお届けします!

-繁殖
-

Copyright© 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2019 All Rights Reserved.