えび論|blog

えび論|blog

シャドーシュリンプ|卵が神秘的

シャドーシュリンプは、ずっと元をただせばハイブリットシュリンプです。ピントなんかの先駆け的な。 urushiがシャドーを飼育していたのは、もう10年くらい前の話です。10年以上前に突然現れた黒い彗星(黒船の方が当てはまっているかも)のようなエビで、その衝撃は今でも鮮明です。当初は日本の水に馴染まず、難しい種のエビの一つと呼ばれていました。 現在では、シャドーシュリンプやビーシュリンプ、タイガー系さらに原種を掛け合わせて、ハイブリット系のエビが続々登場しています。ギャラクシーやフィッシュボーンはシャドーシュ ...

えび論|blog

【独り言】水作りをボーッと考える

水作りってなんでしょう?? バクテリアの安定・ミネラルの調整・有害物質の除去・PH・硬度・伝導率・・・などなど どうやってやればいいのか? 昔はいろいろと考えて、試行錯誤して、RO使ったり、いろんな専門用品使ったり。 今は、超簡単調整!調整剤もごくたまに2~3つほど。     『硝化菌』は最小世代時間がものすごく長い。 ミネラルをイオン化しないとエビは吸収できない。   小さなエビの世界は癒しと色んなことを教えてくれてる。 重い腰をあげてリセットしなきゃだー   & ...

えび論|blog

【独り言】遺伝解析しちゃうと面白くないよ

シャドーシュリンプの遺伝   エビの遺伝って不思議ですねー。 シャドーも青地が強い子や白い子や(笑 同じ兄弟でもいろんな表現が生まれたり。 わたしは趣味でシャドーを楽しんでいますが、ブリーダーさん達は大変でしょうね!! こうも遺伝学やら複雑になっていくと。。。   わたしは仕事柄、遺伝学的統御や遺伝子配列、生物学的構造なんかは詳しいですが、 趣味に持ち込むと疲れちゃうので、ボチボチエビの不思議と向き合っています。 PCRなんかかければ、遺伝子配列なんてバキってでるんだろうなー(笑 エビ ...

えび論|blog

E.ロンギカブス

エキノドルス レッドビーシュリンプの水槽に、草丈30センチを超える水草を導入しました。 urushiにとっては初のエキノドルスになります。   今日の話題は、エキノドルス。 先々週位に買っちゃいました、『E.ロンギカブス』 草丈は30センチを超えるほどです!   野生種らしく凛とした姿が気に入りました。 イメージ的に水槽内に大木ってな感じにしたかったので大成功で、次々新芽を出して根も貼ってきたのかな?と調子も上々です。 水草が調子いいと…もちろんエビも。 稚エビの成長スピードがすごくい ...

えび論|blog

ゆるーいブログです

Blogカテを作りました。 ここでは専門的な話抜きで、ゆるーい感じの独り言を書いていきます。 -------------------------------------------------------------------- 今回は、レッドビーシュリンプの表現について書いていこうと思います。 ブログも始めたばかりなので、取っ付きやすいところから(^^)/ レッドビーの表現って、いきなり言われても分からない人もいますよね。 エビが好きで詳しい人はもちろん知っていると思いますが、つまり体の模様です。 レ ...

© 2020 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト