レッドビーシュリンプ

底面フィルター

アマゾニアソイル

【保存版】アマゾニアソイルでのビーシュリンプ水槽立ち上げ方法の極意!

ビーシュリンプの爆殖を生み出す栄養系ソイルのアマゾニアソイル。 繁殖にとても向いているソイルであるとともに、扱いが難しい部類のソイルでもあります。中級者でも扱いきれない人もいるアマゾニアソイルは、初心者にとっては1つ間違うとビーシュリンプを死亡させかねないソイルだったりします。 そこで、元ブリーダーであるurushiが詳しくアマゾニアソイルの立ち上げから、ビーシュリンプ導入までの方法を伝授します! アマゾニアを使ってのビーシュリンプ水槽を立ち上げ方法 アマゾニアソイルは、栄養系ソイルのトップソイルと言って ...

漆えび

繁殖(爆殖!!)

【超まとめ!】ビーシュリンプの繁殖に失敗する理由を考えよう

ビーシュリンプの繁殖に適したシーズンがもう少しで始まりますね!と、言っても適正に飼育していれば、年中稚エビは確認できます。 年中繁殖しますが、特に爆殖シーズンは?と聞かれると、春と秋だと思います。 ビーシュリンプの繁殖に、苦戦されている方もおられるのではないでしょうか? ビーシュリンプの繁殖は、クラウド等の新種系に比べると少し難しいです。昔はシャドーシュリンプもコツが必要でしたが、近頃のシャドーシュリンプや新種は色々なエビを掛け合わせている…言い換えれば雑種なので、飼育繁殖共に難易度が低いです。 一方でビ ...

底面フィルター

ビーシュリンプ 死亡原因

【ビーシュリンプの死亡を防ぐ】日常管理:エアレーション

ども、元ブリーダーのurushiです('ω')ノ 稚エビがどんどん生まれているいい季節ですね♪   ビーシュリンプの飼育での最大の失敗は、エビを死亡させてしまうということだと思います。 とくに、何匹もポツポツと死亡させてしまい、最悪の場合は全滅…。そういうパターンが一番恐ろしいですね。   そんな最悪のパターンを防ぐ日常の管理のポイントを、プチシリーズ的に書いていきたいと思います。 今回は「エアレーション」です。     【ビーシュリンプの日常管理】エアレーション編 ...

アヌビアスナナ

urushiのつぶやきblog

アヌビアスナナの花が咲いた!

ども、元ブリーダーのurushiです('ω')ノ   ビーシュリンプの繁殖シーズンです! 気温も下がってきて、ビーシュリンプの繁殖にはもってこいのシーズンが始まりましたね! 我が家の水槽でも稚エビラッシュです♪   奥の大きい個体は親ではなく、先月生まれた稚エビです。 手前は先週位に生まれた稚エビ。 元気にピューって泳ぎまくっています。 稚エビっていつも可愛いですね。 ここで写っている大きめの個体も先月生まれの稚エビです。 この子達の子供に、urushiはちょっと期待しています(#^^ ...

レッドビーシュリンプ水槽

urushiのつぶやきblog

1本水槽立ち上げました!&お手製エサ作成

ども、urushiです(^^)/ 暑くなってきましたね…。エアコンフル稼働です。   6月28日に1本水槽を立ち上げました 今日で3日たちました。忘備録です。 45センチキューブ使用です。 立ち上げ方はオーソドックスなurushi流です。 前回はアマゾニアノーマルを使いましたが、今回はナシ。 マスターソイルとアマゾニアパウダーを使用しました。 ろ過は底面とスポンジフィルターを使っています。 スポンジフィルターは前回ご紹介したLSSです。詳しくはこちら→改造スポンジフィルター 1ヶ月程度でエビが入 ...

レッドビーシュリンプ水槽用にLSSスポンジフィルターを改造

商品インプレッション

ビーシュリンプ水槽用にLSSスポンジフィルターを改造!! エアストーン設置

ども!元ブリーダーのurushiです(*'ω'*) 今回はDIYのテクニックの話です。   LSSのスポンジフィルター LSSのスポンジフィルターをご存知ですか?? ビーシュリンプには相性の良いスポンジフィルターです。 urushiはテトラのフィルターを長い間使っていましたが、徐々にLSSのフィルターに鞍替えしております。 LSSという日本のメーカーが中国の『信友』というメーカーに製造を依頼して作っているスポンジフィルターです。   LSSのスポンジフィルター:LSシリーズの弱点 &n ...

Copyright© 漆えび論文-ビーシュリンプ飼育サイト , 2019 All Rights Reserved.