LSSスポンジフィルター改造|エアストーン設置で静音&エアレーション強化!

飼育用品

LSSスポンジフィルター改造|エアストーン設置で静音&エアレーション強化!

ども!元ブリーダーのurushiです(*'ω'*)

今回はスポンジフィルターの改造のテクニックの話です。エアレーションの効果を高め、さらに音を静かにする静音効果もあります。

LSSのスポンジフィルター

LSSのスポンジフィルターをご存知ですか??

レッドビーシュリンプには相性の良いスポンジフィルターです。

urushiはテトラのフィルターを長い間使っていましたが、徐々にLSSのフィルターに鞍替えしております。

LSSという日本のメーカーが中国の『信友』というメーカーに製造を依頼して作っているスポンジフィルターです。

 

LSSのスポンジフィルター:LSシリーズの弱点

 

LSSのスポンジフィルターによく似た、懐古堂というメーカーが出しているスポンジフィルターがあります。

懐古堂のフィルターは金魚に合っていてスポンジの目が粗く、金魚のような大きな魚の糞の処理に優れています。ちょっとエビにはフィルターの目が粗いんです。

優れている点は、スポンジフィルター内にエアストーンが設置してあり、細かい泡が出る仕組みとな行っています。

そしてエアが細かいので静かなんです。

⇩懐古堂のスポンジフィルタ

懐古堂の画像はcharmさんからお借りしました。

LSS(信友)のフィルターはキメ細かくレッドビーシュリンプに向いているのですが、エアリフトの仕組みがイマイチで…。

エアストーンが入っていないためエアが大きく『ゴボッ!ゴボッ!』とうるさいのです。

テトラのブリラントフィルターが、細かい泡が上手く出ないときのような音です。いや、それ以上かな。

 

LSS(信友)のスポンジフィルターをDIYで改造しよう!

urushi流の改造方法を詳しくご紹介しますね!(^^)/

実施する場合は、ケガに十分注意して自己責任でお願いします。1つ10分程度で完成しますよ♪

使うのはLSSブランドで言うところの、LS-100Sという大きなろ過能力の高いフィルターです。

 

必要な工具

・カッターナイフ(小さなニッパーでも可)

・棒やすり

 

LSS(信友)スポンジフィルターのパーツの確認

 

箱を開けるとこんな感じでドーンとスポンジフィルターが入っています。

このフィルターをバラします。

こんな感じでパーツを1つずつに分解することができます。

 

1つのストレーナーの内部を切り出す

ストレーナの部分はこのような作りになっています。

この中の部分を全部切り出します。

カッターで切り出して、ストレーナー内部のギザギザになったところを棒やすりで滑らかに処理します。

注)取り出した中身の棒の部分は、後で使うので捨てないでください。

 

台座部分の内部も切り出す

このような台座部分の中身も、先ほどの要領で切り出します。

切り出したら、台座の内部をやすりをかけて滑らかに処理します。

この中身はもう廃棄でOKです。

 

ストレーナーの棒の部分を加工する

棒の細い方を切断します。

切る長さは設置するエアストーンによっても変わりますが、だいたいエアチューブが挿せる太さのところくらいです。

 

ストレーナにエアストーンを設置する

先ほどの棒の部分を、手を加えていないストレーナーに差し込みます。

どの部分でチューブを切ればよいか、パーツを並べて検討をつけます。

一番下のパーツは、先ほど中身をくりぬいたものです。

エアストーンを設置します。いつもはいぶきのエアストーンを使っていたのですが、今回は手元になかったので普通のエアストーンを使用しました。

いぶきのエアストーンを使えば、エアが細かいのでエアレーションの効果も静音効果もアップします。

 

パーツを組み立てていきエアチューブの長さを確認する

パーツを組み立てていきます。

エアチューブが余って折れてしまったり、逆に短すぎていないか確認しながら作業します。

 

完成!

こんな感じにきれいに収まればOK!

パーツを元に戻し組み上げます。

 

エアレーションを強くしてもゴボッといわず静かになりました!

水面を見ていただければわかると思いますが、写真は見やすいようにかなりエアを強めにしています。

 

スポンジフィルターを安く買う裏話

LSSは日本のメーカーで製造は信友というところを使っています。

信友のブランドで購入すれば、同じものでもちょっと安いんです。

安く買うにはAmazonのココがおススメです。
LSSの製品の製造メーカー『信友』のモノを買うことになるので、ちょっとお安いですよ(^_-)-☆

 

urushiはこれを購入しています。LSSが信友に依頼して作っているのがLSSスポンジフィルターなので、パッケージの違いなどはありますが実質ほぼ同じものです。

ちなみにLSSブランドのものを購入したい場合はこちらです。

フィルターのはこの中に変なキーホルダーが入っていました。

おまけ??

お酒の瓶のキーホルダー??

よく分かりませんが、パッキングがかなりしっかりしてあります(笑)

 

LSSスポンジフィルター改造|エアストーン設置で静音&エアレーション強化!まとめ

この記事では「LSSスポンジフィルター改造|エアストーン設置で静音&エアレーション強化!」について書きました。

LSSスポンジフィルターはそのまま使うと、音がけっこううるさいですが改造することで音を静かにして、さらにエアレーションの効果を強化できます。

ぜひDIYでスポンジフィルターの改造にチャレンジしてください。

関連
【商品レビュー】ヒーターの寿命?新しいヒーターは隠せる!レッドビーシュリンプ水槽に一体式ヒーター導入

続きを見る

関連
濾過バクテリア:『好気性』『嫌気性』の特徴

続きを見る

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人
urushi

urushi

エビ歴11年目。(アクア歴:22年)。元兼業ブリーダー。本業ではラボで遺伝子組み換えの魚の研究者をしていました。 専門的なことも含めて、レッドビーシュリンプの飼育が楽しめる情報をお届けします!

-飼育用品
-

Copyright© 漆えび論文|レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2019 All Rights Reserved.