urushiのつぶやきblog

レッドビーシュリンプの産卵と抱卵の瞬間

投稿日:

レッドビーシュリンプが卵を1つ1つ大事そうにお腹に抱えているところ

どうも、元ブリーダーのurushiです。

『urushiのつぶやき』と題した、日常のちょっとしたことを発信するこのカテゴリー。

他のカテは情報を発信していますが、このカテはゆるーい感じですのでお時間があるときに覗いてくださいね~(*'ω'*)

 

 

第1回目の投稿は、レッドビーシュリンプの抱卵の瞬間

たまたま夜寝る前に、ライトが消えた水槽を観察していると1匹のメスが卵を産んでいました。

ライトが消えてて、iPhoneでの撮影なのでちょっと見づらいですが。

 

身体をグッと縮めて力んで、足をうまく使ってお腹の方へ卵を動かして腹脚にくっつけています。

 

このメスは、昨年12月下旬に生まれた個体で初抱卵で若い個体です。

卵の数もまだ少なく、10~15個くらいかな?

翌朝にはすべての卵を産み得て、しっかりと抱卵していました。

抱卵していても、しっかり餌も食べるので今後良いお母さんになってくれそうです。

 

-urushi-

Ymobile

vtagu

valu

AMP対応タグ

漆えびが使うおすすめベスト

カルシウム剤

アラガミルクはurushiが使うカルシウム添加剤です。カルシウム系添加剤はこれ以外使っていません。

カキガラで長期的に維持しつつ、アラガミルクで調整している感じです。

おすすめのエサ

エサは固形飼料ではこれを好んで使っています。まず手で簡単に割れるので細かくしてエサやりができます。

また水中である程度細かく砕けるので、稚エビがいる場合は歩留まり向上に役立ちます。

ミネラル系添加剤

バイオカルチャーのSMWとともに、ミネラル添加として利用しています。

水槽の数が多いとミネリッチの方がコスパ的に使いやすいです。

水槽の数とコンディションに合わせて使い分けています。

-urushiのつぶやきblog
-

Copyright© 漆えび論文-レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.