アマゾニアソイル 商品インプレッション

アマゾニアソイルでの立ち上げ-3週間後

投稿日:2017-04-09 更新日:

アマゾニア新Lot.のソイル立ち上がり状況

 

以前の記事にも書いています、現行Lot.のアマゾニアソイル(ノーマル)の立ち上がりの続報です。

 

想定内のアンモニア、亜硝酸、硝酸塩の溶出に加え、

2週間で、薮蚊のボウフラが発生するという不測の事態が起こりました。

 

そこで、別の水槽で飼っているアカヒレ舞台にボウフラの殲滅を託して、1週間。

 

アカヒレ撤収

 

アカヒレを元いた水槽へ撤収。

エビを飼って10年近くたちますが、ソイルからボウフラが発生したことは初めてです。

良くも悪くも、このアマゾニアどっちに転ぶのか・・・

 

一応水温を高めに設定し、他にも薮蚊の卵があれば孵化するように仕向け、

アカヒレのおかげで1週間でボウフラは見当たらなくなりました。

 

 

水質チェック

 

アンモニア、亜硝酸がまだ検出されます。

普段はあまりしませんが、3/4程度の換水を実施。

 

理由は考えられる2つの理由を見極めるためです。

1つは、アンモニアおよび亜硝酸が流出し続けている可能性

もう1つは、バクテリアの働きが追い付いていない可能性。

 

硝酸塩の濃度からは、上記2つの両方の可能性を払拭するに至る数値がでませんでした。

 

換水することで、アンモニア・亜硝酸の溶出が続いているか否かを確認します。

その結果に伴い、バクテリアの強化、もしくは溶出が止まるまでの経過観察など対応を変えます。

 

さて、どっちに転ぶでしょう。

結果はまたお知らせしますね。

 

これだけ三体窒素の流出が多いので、フミンも出してくれるといいのですが。

 

 

-アマゾニアソイル, 商品インプレッション
-,

Copyright© 漆えび論文-レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.