死亡原因

ズバリ!レッドビーシュリンプなどのエビが死ぬ原因を教えます!!第二弾

投稿日:2017-03-04 更新日:

ども。元ブリーダーのurushiです(^^♪

今回は前回の『ズバリ!レッドビーシュリンプなどのエビが死ぬ原因を教えます!!』に
引き続きの第二弾。前回は酸欠でしたね。

また違う原因を一つ書きたいと思います。

 

レッドビーシュリンプなどエビが死亡する原因

ズバリ!アンモニアなど三体窒素です。

分かりやすくく言うと、生物やソイル由来のアンモニア及びその分解物である、亜硝酸や硝酸塩です。
アンモニアはバクテリアの働きによって、硝化という作用で毒性が弱められます。
こんな感じで、アンモニアイオンが一番毒性が高いです。

アンモニアイオン(NH3/NH4)>亜硝酸イオン(NO2)>硝酸イオン(NO3)
好気性細菌は、『アンモニアイオン』を『亜硝酸イオン』に酸化
『亜硝酸イオン』を『硝酸イオン』に酸化と水の中の毒性を下げてくれています。

この作用を『硝化』と呼ぶので、総称して『硝化菌』と呼ばれています。
『硝化菌』は、有毒な『アンモニア』を、低毒物質である『硝酸塩』まで変化させてくれるのです。

バクテリアの専門的な話はコチラの記事:濾過バクテリア:概論

 

 

みなさんが、水質検査でNO2など調べてるのは、この菌が上手く活動してくれてるのかを判定してるためで、
水槽の『水』に『生態サイクル』が整ってきてるかを見ているんです。
これ、とても重要です!

 

 

水質検査の重要性

「エビ」が飼えるか判断する為に水質検査していますか?


一番毒性が低い硝酸イオン(NO3)も、大量に蓄積した場合はエビに毒性を示します。

例えば、100リットルの水量の中に、アンモニアが5ccあればエビが死ぬとします。
では、亜硝酸イオンなら50ccまで耐えられるとします。
硝酸イオンでは500ccまで耐えられる。
それ以上になると、エビは死にます。

実際はもう少し難しい数字になりますが、簡略すればこんな感じ。

 

 

一番厄介なのは、低毒性の硝酸イオン。
これは水槽から排出しようと思えば、換水しかありません

脱窒という作用が、趣味レベルの水槽では実現が難しいからです。
メタノールとか使用すればできるのですが、家庭用では実用的ではないです。

ポツポツだらだと死ぬ場合の多くは、低毒性のNO3の値が怪しいです。

 

一度数値を測り、高い場合は思い切った換水をします。

ソイル由来の硝酸イオンの場合、多くは亜硝酸の値も高くなります。

エビを逃がす水槽がない場合は、毎日数値を見ながら水替えをしましょう。

この場合バクテリアの消化を待っていると、エビが全滅します。

ちなみにこのようになるのは、きっちりと立ち上がっていない水槽にエビを投入した場合に起きます

 

 

バクテリアの立ち上がりのかかる時間は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

環境要因でも変化する

ソイルの種類と使用期間によっても変わってきます

 

水槽内のアンモニアイオンや亜硝酸イオン濃度にも左右される事なので、そういったものの発生が少ない場合は、処理するバクテリアが少数でもバランス取れます。

 

吸着系と言われるソイルを使用していたりする場合も、アンモニアイオン等を吸着してくれるので元々バクテリアに頼る部分が少ないのでバランスが取れますよね。

しかし、使用期間が長くなり吸着力が下がるとやはりアンモニア化合物が悪さを始めます。

 

 

水槽の立ち上げを早める方法

ちなみに、付属のおまけ情報として。

立ち上げのブログとかを読んでると、有名なブリーダーさんが『立ち上げ時には水温を上げてます』とかって見たことありませんか?

これって実は科学的に根拠があるんです。

ニトロソモナスやニトロバクターといった『硝化菌』つまり…ろ過バクテリアは、水温が30℃くらいで最も活動が活発となります。

水温が低いのにアンモニアや亜硝酸が出る環境、つまり栄養系ソイルで立ち上げたばかりの水槽はエビ投入までに時間がかかります。
バクテリアの活動が活発ということは、働きもですが分裂もです。
水温を上げる事によって『硝化菌』を始めとする細菌類の活動を活発化し、分裂を促し立ち上げ時間の短縮と効率化が狙えますよ。

-死亡原因
-, ,

Copyright© 漆えび論文-レッドビーシュリンプ飼育サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.